電気・電子通信コース

ハード・ソフトを広範に学び、新時代のエレクトロニクスをリードできるエンジニアに!

私たちの暮らしは、スマートフォンやパソコン、そして様々な電化製品で支えられ、これらは、クリーンな地球環境や電力の安定供給の上に成り立っています。これらのエレクトロニクス分野は、電気・電子通信工学の幅広い技術が礎となっています。

本コースでは、高度情報化社会、そして高齢化社会が進む中で、問題解決力と創造力に富み、国際的な視野から社会のニーズに応えられる新しい時代のエンジニアの育成を目標としています。さらに、半導体、超伝導、情報記録、光通信、信号処理、計測システム、環境・エネルギーなどの技術分野において、学生が興味のある専門知識を深く習得し、時代が求めるソフトウェアの習得も含めて、エレクトロニクス分野を中心に広い社会で活躍できるような教育・研究を実践しています。

コースの特徴

1.充実した学部教育(別HP参照)

本コースは、旧電気電子工学科を母体としており、豊富な教育・研究をベースに新しいカリキュラムが編成されています。1年次では、人間性育成の観点からバランスの取れた科目を配し、新学科のコンセプトや高学年で必要となる数学や専門の基礎を習得します。2年次では、専門の柱となる専門基礎科目の習得、そして後期では学生実験がスタートします。3年次ではさらに専門性を深める多くの科目が準備され、後期からは各研究室で、研究に近い演習が履修でき、4年次では卒業研究となります。

教育体制では、複数の教員で一人の学生をサポートするアドバイザー制により、1年次では丁寧な履修指導を行い、2年次以降では、学期の初めにガイダンスを開催し、円滑な履修指導を行っています。

2.高度な大学院教育(別HP参照)

社会での科学技術の高度化に沿って、学生に求められる技術も高まっており、日本の理系の大学院進学率は高水準が現状です。本コース(旧学科)での大学院進学率も高く、学生が卒業研究からさらにレベルアップして、さらに専門性を深め、自らが目標とするキャリア形成を実現しています。

大学院は、2年間の博士前期課程と3年間の博士後期課程で構成され、前期課程の修了では修士(工学)、後期課程の修了では博士(工学)の学位が授与されます。自分の将来を十分検討し、より高い希望の実現にも大学院進学を推薦します。

3.確実なキャリヤ形成(別HP参照)

本コースでは、3年次、大学院1年生の後期に進路説明会を開催し、就職・進学に向けて、担当教員が就職状況、就職手続きなどに関して、配布資料をもとに丁寧に説明します。また、個人的に面談を行い適切なアドバイスを行っています。さらに、学部主催の合同企業説明会が開催され、学生は様々な情報を得ながら、自らの進路を進むことができます。一方、本学には長い歴史があり、多くの先輩方が全国で活躍しており、工学部の卒業生、在学生、教職員で構成されているのが、一般社団法人米沢工業会です。全国組織ですので、卒業後も、OBの交流も含め様々な点から卒業生をサポート頂けると思います。